krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

当日までの累計を計算する

110-50 | 集計


 

入力アプリのフィールド構成

受注アプリ

  • 拠点ごとに受注情報を登録するアプリ
  • 日ごとにレコードを登録する

各拠点のレコードを登録する

出力アプリのフィールド構成

受注アプリ

  • 入力アプリと同じアプリ
  • 本記事で解説する処理で「累計」フィールドに当日までの受注数累計を更新する(当月内が対象)

累計を計算する

続きを読む

点在するマスタ情報を統合する

600-10 | マスタ管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「点在するマスタ情報を統合する」の具体的なフローの作成方法です。 

入力アプリのフィールド構成

商品マスタ1

  • 回線がマスタ管理されているアプリ

入力アプリ1

商品マスタ2

  • リースやレンタル品がマスタ管理されているアプリ

入力アプリ2

商品マスタ3

  • 作業項目がマスタ管理されているアプリ

入力アプリ3

出力アプリのフィールド構成

商品マスタ(統合)

  • 分散していた商品マスタ1~3を統合したアプリ
  • 統合後はこの場所でマスタ管理を行う

出力アプリ

続きを読む

作業工程ごとの工数を把握する

520-30 | 工数管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「作業工程ごとの工数を把握する」の具体的なフローの作成方法です。 

入力アプリのフィールド構成

予定工数アプリ

  • 工程の月の予定工数が登録されている

予定工数アプリ

工数報告アプリ

  • 各担当者が1か月分の工数を報告するアプリ
  • 日々の工数実績はテーブルに登録する

工数報告アプリ

出力アプリのフィールド構成

プロジェクト工数アプリ

  • プロジェクトごとに工数状況を確認できるアプリ
  • 工程の工数状況はテーブルで管理する

プロジェクト工数アプリ

続きを読む

原価の妥当性を把握する

530-10 | 原価管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「原価の妥当性を把握する」の具体的なフローの作成方法です。 

入力アプリのフィールド構成

製造報告アプリ

  • 各品目で使用した材料を登録・報告する

製造報告アプリ

原価マスタアプリ

  • 材料の原価を管理するアプリ

原価マスタ

品目標準原価マスタアプリ

  • 各品目で[費用区分]ごとに標準原価を管理するアプリ

品目標準原価マスタ

出力アプリのフィールド構成

分析アプリ

  • 各品目の[費用区分]ごとに原価コストの状況が確認できる

分析アプリ

続きを読む

仕入先ごとに管理した発注情報を検収管理する

540-10 | 購買管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「仕入先ごとに管理した発注情報を検収管理する」の具体的なフローの作成方法です。

ゲストスペースで仕入先とやり取りしているアプリから社内の検収アプリにデータをコピーします。それにより、社内での一元管理が可能になります。
 ゲストスペースのデータをコピーする

入力アプリのフィールド構成

発注管理アプリ[重鉄三橋用]

  • 発注先ごとに専用にゲストスペースを作成して発注業務を行うアプリ
  • ここでは重鉄三橋という発注先とやり取りをしている

入力アプリ1

発注管理アプリ[高知食原用]

  • 発注先ごとに専用にゲストスペースを作成して発注業務を行うアプリ
  • ここでは高知食原という発注先とやり取りをしている 

入力アプリ2

発注管理アプリ[モータウン用]

  • 発注先ごとに専用にゲストスペースを作成して発注業務を行うアプリ
  • ここではモータウンという発注先とやり取りをしている

入力アプリ3

出力アプリのフィールド構成

検収アプリ

  • 発注先ごとのゲストスペースからステータスが[発送済み]のレコードのみこのアプリにコピーする
    ※異なるゲストスペースに検収したいレコードが分散していても、この場所で一元管理できる

検収管理アプリ

アプリテンプレートでは、入力アプリ・出力アプリともに同じスペース内に作成されますが、本シナリオのようにそれぞれが異なるスペースにある場合にも同様に動作します。

続きを読む

仕入先ごと(ゲストスペースごと)に発注管理する

540-20 | 購買管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「仕入先ごと(ゲストスペースごと)に発注管理する」の具体的なフローの作成方法です。 

このシナリオでは、社内で管理する発注データを仕入先専用のゲストスペース内アプリにコピーし、発注するというものです。

ゲストスペースアプリにコピーする

入力アプリのフィールド構成

仕入れアプリ

  • 仕入れたい品目と仕入先を登録するアプリ

仕入れアプリの構成

出力アプリのフィールド構成

発注管理アプリ 重鉄三橋用

  • 仕入れ先との専用ゲストスペースで発注情報を管理するアプリ
  • ここでは、重鉄三橋と発注情報をやり取りしている

発注管理アプリ重鉄三橋用

発注管理アプリ 高知食原用

  • 仕入れ先との専用ゲストスペースで発注情報を管理するアプリ
  • ここでは、高知食原と発注情報をやり取りしている

発注管理アプリ 高知食原用

発注管理アプリ モータウン用

  • 仕入れ先との専用ゲストスペースで発注情報を管理するアプリ
  • ここでは、モータウンと発注情報をやり取りしている

発注管理アプリモータウン

※アプリテンプレートでは、全てのアプリが同じスペース内に作成されますが、異なるスペース/ゲストスペースにあるアプリにもデータを出力することができます。

続きを読む