受注明細を商品別に集計する

550-60 | 売上管理


入力アプリのフィールド構成

注文管理アプリ

  • 注文データを登録するアプリ
  • 注文明細はテーブルに登録されるレイアウト

出力アプリのフィールド構成

商品別受注集計アプリ

  • 受注情報を商品別に集計した値が保存されるアプリ

1.入力アプリを設定

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「注文管理」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・受注日 ・受付者 ・会社名 ・部署名 ・担当者名 ・商品一覧

2.テーブルに登録された注文明細をレコードに変換する

  1. テーブル展開コマンドを追加する
  2. レコードに変換するテーブル:商品一覧
  3. レコードに保持するフィールド:商品コード、商品名、単価、数量、小計

3.年月を抽出する

年月単位で集計をおこなうために、年と月をそれぞれ抽出しておきます。

年を抽出する
  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
  3. 結果を保存するフィールド:新しいフィールド作成 「年」
  4. 編集方法:日付編集
  5. 編集内容:「受付日」フィールドから年を抽出
月を抽出する
  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
  3. 結果を保存するフィールド:新しいフィールド作成 「月」
  4. 編集方法:日付編集
  5. 編集内容:「受付日」フィールドから月を抽出

4.商品ごとに集計する

  1. グループ化コマンドを追加する
  2. グループ化する項目に次を設定する
    ・年 ・月 ・商品コード ・商品名
  3. 次のように設定
    集計する値が保存されているフィールド:数量
    集計した値を保存するフィールド名に「数量」を設定
    集計方法に「合計」を設定
  4. 次のように設定
    集計する値が保存されているフィールド:小計
    集計した値を保存するフィールド名に「金額」を設定
    集計方法に「合計」を設定

5.出力アプリを設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、「商品別受注集計」アプリを出力アプリとして設定する
  2. 出力方式に「再生成」を選択する
出力結果

商品別の受注状況が確認できるようになりました。