各種申請/精算アプリの金額を集計する

700-20 | 経費管理


この記事では、複数のアプリで管理している経費の集計を行う例を解説します。
別々のアプリで申請した経費を1つの場所で管理することで、経費全体の利用状況を把握することができます。

入力アプリのフィールド構成

物品購入申請アプリ

  • 必要な商品を購入するために費用申請を行うアプリ
物品購入申請アプリの概要

旅費精算申請アプリ

  • 出張後に旅費を申請するアプリ
旅費精算申請アプリの概要

出力アプリのフィールド構成

経費集計アプリ

  • 各アプリのデータをkrewDataで集約した、経費全体の利用状況を把握するためのアプリ
  • 物品購入申請アプリのデータは科目を「消耗品費」として、旅費精算申請アプリのデータは「旅費交通費」として管理する
経費集計アプリの概要

1.入力アプリを設定

物品購入申請アプリを入力アプリコマンドに設定
  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「物品購入申請」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・申請日 ・申請者 ・合計金額
物品購入申請アプリを入力アプリに設定する
旅費精算申請アプリを入力アプリコマンドに設定
  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「旅費精算申請」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・期間 ・申請者 ・旅費金額
旅費精算申請アプリを入力アプリに設定する

2.フィールドタイプを変更する

各入力アプリで合計金額を計算しているフィールドのフィールドタイプを「数値」に変更します。

物品購入申請アプリのフィールドタイプを変更する
  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 変更するフィールド:金額
  3. 新しいフィールド名:金額
  4. 新しいフィールドタイプ:数値
物品購入申請アプリのフィールドタイプを変更する
旅費精算申請アプリのフィールドタイプを変更する
  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 変更するフィールド:金額
  3. 新しいフィールド名:金額
  4. 新しいフィールドタイプ:数値
旅費精算申請アプリのフィールドタイプを変更する

3.勘定科目を設定する

出力アプリで勘定科目を確認できるよう、物品購入申請アプリのデータには「消耗品費」、旅費精算申請アプリのデータには「旅費交通費」と設定します。

物品購入申請アプリの科目を設定する
  1. 定数の追加コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 定数を保存するフィールド名:科目
  3. 新しいフィールドのフィールドタイプ:文字列(1行)
  4. 新しいフィールドに保存する定数:消耗品費
物品購入申請アプリの科目を設定する
旅費精算申請アプリの科目を設定する
  1. 定数の追加コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 定数を保存するフィールド名:科目
  3. 新しいフィールドのフィールドタイプ:文字列(1行)
  4. 新しいフィールドに保存する定数:旅費交通費
旅費精算申請アプリの科目を設定する

4.2つのアプリのデータをレコード結合する

  1. レコード結合コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 結合方法:共通するフィールドのみ含める
2つのアプリのデータをレコード結合する

レコード結合後にはデータがこのように変化します。2つの入力アプリのデータが同じ場所に集約されました。

レコード結合後のデータ

5.出力アプリを設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、「経費集計」アプリを出力アプリとして設定する
  2. 出力方式に「再生成」を選択する
    ※演習結果が確認しやすいよう出力方法に「再生成」を設定しています。実務では必要に応じて出力方法を選択してください。
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する
出力結果

経費全体の状況を確認できるようになりました。

出力結果