krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

テーブルを集計

170-10 | テーブル


テーブルを集計します。

テーブルに登録される担当者ごとの工数を集計し、プロジェクトごとの工数合計を算出します。

f:id:krew_grapecity:20200728143548p:plain

1.入力アプリに「工数報告(月ごと)」アプリを設定

  1. フィールドの選択で「作業年月」「担当者」「所属」「当月工数合計」「作業明細」を選択する

    f:id:krew_grapecity:20200728144610p:plain

2.テーブル展開コマンドで作業明細をレコードに変換

※krewDataでテーブルを集計する場合には、テーブル展開コマンドでテーブルをレコードに変換する必要があります

  1. テーブル展開コマンドを追加する
  2. レコードに変換するテーブルに「作業明細」、レコードに保持するフィールドに「作業日」「プロジェクト名」「工数(数値)」を選択する

    f:id:krew_grapecity:20200728145312p:plain

    f:id:krew_grapecity:20200728145404p:plain

3.グループ化コマンドでプロジェクトごとの工数を集計

  1. グループ化コマンドを追加して、グループ化する項目に「プロジェクト名」を選択する
  2. 集計する値が保存されているフィールドに「工数(数値)」、集計した値を保存するフィールドに「工数合計」、集計方法に「合計」を設定する

    f:id:krew_grapecity:20200728145810p:plain

4.結果を確認(プレビュータブを押下)

テーブルを集計し、プロジェクトごとの工数合計を集計できました。

f:id:krew_grapecity:20200728145956p:plain