不足する在庫の発注を自動化する

630-30 | 在庫管理


在庫数が基準を下回る場合に自動で発注用レコードを作成するフローについて解説します。
ここでは発注についてのみ解説しますが、こちらの記事で解説している在庫引当と同じ実行単位にフローを作成することで、順番にフローを実行することができます。 

引当/出荷フローと同じ実行単位にフローを作成すれば、順番に実行できる

入力アプリのフィールド構成

在庫管理アプリ
  • 在庫情報を管理するアプリ
品目管理アプリ
  • 品目を管理するアプリ
  • このアプリで管理している「発注点」が自動発注するための基準になる
発注管理アプリ
  • 発注情報を管理するアプリ

1.入力アプリを設定

在庫管理アプリ

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「在庫管理」アプリを選択する
  2. フィルタ条件に次のように設定する
    ・品目名 =(等しい) %品目名%
  3. フィールドの選択で「入出荷日」「品目名」「入庫数」「引当数」「出荷数」「有効在庫数」「実在庫数」を選択する

入出荷日が最新のレコードを取得

最新の入出荷状況を確認して発注を行いたいため、在庫アプリから最新の入出荷レコードを抽出します。

  1. 重複の削除コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
    ・重複を検査するフィールド名:品目名
    ・ソート:入出荷日の降順

品目管理アプリ

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「品目管理」アプリを選択する
  2. フィルタ条件に次のように設定する
    ・品目名 =(等しい) %品目名%
  3. フィールドの選択で「品目名」「ランク」「発注点」「発注数」を選択する

2.最新の入出荷レコードと品目データを突き合わせる

品目アプリで管理している「発注点」と現在の「有効在庫数」を比較して、発注を行うか否か判断します。ここでは、品目アプリと在庫管理アプリのレコードを突き合わせるためにアプリ結合します。

  1. アプリ結合コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
    「入荷日が最新のレコードを抽出」と「1-3 品目管理」を選択して内部結合を選択する
    元になるアプリの条件フィールドとして「品目名」を設定する
    結合するアプリの条件フィールドとして「品目名」を設定する

3.発注可否の確認とフィールドの調整を行う

有効在庫数が発注点を下回るレコードに絞り込む

  1. フィルターコマンドを追加する
  2. フィルタ方法として「数式」を選択肢、数式を次のように設定する
    設定する数式:有効在庫数<=発注点

発注依頼日を設定する

  1. データ編集コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 結果を保存するフィールド:既存フィールドのデータを置換 入出荷日
  3. 編集方法:数式
    編集内容:「=入出荷日」と入力する

4.出力先を設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、出力先のアプリに「発注管理アプリ」を選択する
  2. 出力方式に「追加」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する
    ※出力方式を「追加」にしたため更新キーは必要ありません

出力結果を確認する

実行前

在庫管理アプリにレコードが追加され、有効在庫数が発注点を下回っている。

実行後

発注管理アプリに発注用のレコードが追加された。(発注数は品目アプリに登録されている数量分)