krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

見積から受注伝票を自動出力する

640-10 | 受注管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「見積から受注伝票を自動出力する」の具体的なフローの作成方法です。 

見積アプリでプロセス管理のステータスを「受注」に変更する場合に、受注伝票アプリにレコードを作成します。

受注伝票を自動作成する

また、こちらのフローは見積アプリのステータスが「受注」に更新される際に通知されるWebhookをきっかけに受注伝票作成フローを実行します。

受注伝票の作成

入力アプリのフィールド構成

見積アプリ
  • 見積情報を入力するアプリ
  • このアプリでレコードのステータスが「受注」に変更されるのを契機として、受注伝票アプリにレコードを作成/更新する

見積アプリのフィールド構成

出力アプリのフィールド構成

受注伝票アプリ
  • 受注伝票用のレコードを作成する
  • 見積アプリでレコードのステータスが「受注」に更新されるタイミングでこのアプリにレコード追加/更新される

受注伝票アプリのフィールド構成

1.入力アプリを設定

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「見積」アプリを選択する
  2. フィルタ条件に次のように設定する
    ・レコード番号 =等しい %レコード番号%
    ・ステータス 次のいずれかを含む 受注
  3. フィールドの選択で「ステータス」「見積No」「取引先」「見積明細」を選択する

入力アプリコマンドでも設定内容

フィルタを設定している為、プレビューを確認することができませんが、フィルタ条件に当てはまる値を設定すると、プレビュー上で確認しながら設定を進めることができます。
詳しくは、こちらをご覧ください。

2.出力先を設定する

受注伝票アプリを出力先アプリに設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加する
  2. 出力方式に「追加」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する

出力アプリでの設定内容

出力結果を確認する

実行前

見積アプリで見積用のレコードを追加し、プロセス管理のステータスを「受注」に変更します。

見積アプリでレコード追加とプロセス管理のステータスを変更する

実行後

受注伝票アプリを確認すると、前のステップで「受注」に変更した見積の受注伝票が作成されていることが確認できます。

受注伝票を自動作成する