krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

値によってフローを分岐

120-10 | 絞り込み


データ編集フローを任意フィールドの値を条件に分岐します。

1.入力アプリに「案件管理」アプリを設定

  1. フィールドの選択で「確度」「製品名」「単価」「ユーザー数」を選択する

    f:id:krew_grapecity:20200722114016p:plain

2.フィルタコマンドでフローを分岐

「確度」ごとにフローを分岐します。

  1. フィルタコマンドを追加する
  2. 標準フィルタで「確度」「次のいずれかを含む」を選択し、条件に「A」を設定する

    f:id:krew_grapecity:20200722114420p:plain

  3. 同様に「確度」が"B"と"C"にもフィルタコマンドを追加する

    f:id:krew_grapecity:20200722114719p:plain

3.結果

フィルタコマンドを使用することでフローを分岐し、分岐ごとのデータ集計/加工処理を設定できます。