注目キーワード
  1. 予実管理

販売管理システムの実績データを取り込み (Box)

800-40 | 外部入出力


入力データの構成

売上実績CSV

  • 各店舗の売上実績が日ごとに登録されている一覧形式のCSVファイル

上記ファイルをBoxで管理している

予算管理アプリ

  • 各店舗の月予算を管理するアプリ
  • 複数の製品分類の金額をテーブルで管理している

出力アプリのフィールド構成

請求管理アプリ

  • 顧客への対応状況を管理するアプリ
  • Box内で管理しているCSVファイルのデータを「活動履歴」としてテーブルに取り込む

1. Boxで管理しているCSVファイルのデータを読み込む

外部ファイル入出力コマンドの基本を資料で確認する

クラウドサービスのアカウント情報を設定する

  1. ファイル入力 – Box コマンドを追加する


  2. 「アプリを選択」をクリックし、外部サービス情報アプリを選択(作成)する
    ※選択したアプリにクラウドサービスのアカウント情報が登録されます。


  3. ログイン情報を入力してサインインします。

    読み込みファイルの設定を行う
  4. 次のように設定する
    ファイルの種類:csv
    ファイルのデータ形式:一覧形式
    フォルダ:該当ファイルが保存されているフォルダ
    ファイル名:売上実績.csv
    読み込みシート:すべて

  5. 使用するフィールドとして以下を追加する:
    ・入力ファイル名 ・連番 ・計上日 ・店舗名 ・製品分類 ・売上金額
プレビューデータ

2.結合用のキーを作成する

年を抽出する

  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 結果を保存するフィールド:「年」をいう新しいフィールドを作成する
  3. 編集方法:「日付編集」を選択する
  4. 編集内容:「計上日」から「年を抽出」を選択する

月を抽出する

  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 結果を保存するフィールド:「月」をいう新しいフィールドを作成する
  3. 編集方法:「日付編集」を選択する
  4. 編集内容:「計上日」から「月を抽出」を選択する
グループ化後のプレビューデータ

3.予算管理アプリを入力アプリに設定する

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「予算管理」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・予算年月 ・店舗名 ・予算詳細
入力アプリのプレビューデータ

4.実績データと結合するためのデータを調整する

年を抽出する

  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 結果を保存するフィールド:「年」をいう新しいフィールドを作成する
  3. 編集方法:「日付編集」を選択する
  4. 編集内容:「予算年月」から「年を抽出」を選択する

月を抽出する

  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 結果を保存するフィールド:「月」をいう新しいフィールドを作成する
  3. 編集方法:「日付編集」を選択する
  4. 編集内容:「予算年月」から「月を抽出」を選択する

テーブル展開する

  1. テーブル展開コマンドを追加する
  2. レコードに変換するテーブル:予算詳細
  3. レコードに保存するフィールド:製品分類、予算金額
テーブル展開後のプレビューデータ

5.実績データと予算データを結合する

アプリ結合する

  1. アプリ結合コマンドを追加する
  2. [グループ化]と[テーブル展開]を内部結合で結合する
  3. [グループ化]の元になるアプリの条件フィールドには次のように設定する
    ・年 ・月 ・店舗名 ・製品分類
  4. [テーブル展開]の元になるアプリの条件フィールドには次のように設定する
    ・年 ・月 ・店舗名 ・製品分類

年月を結合する

  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 結果を保存するフィールド:「年月」をいう新しいフィールドを作成する
  3. 編集方法:「数式」を選択する
  4. 編集内容:次の数式を設定する
    数式:_年_1&”/”&月

年月フィールドを日付フィールドに変換する

  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加する
  2. 変更するフィールド:「年月」フィールドを変換する
  3. 新しいフィールド名:年月
  4. 新しいフィールドタイプ:日付

6.レコードをテーブルに変換し店舗ごとにレコードをまとめる

  1. テーブル作成コマンドを追加する
  2. レコードに保持するフィールドとして次を選択する:
    ・年月 ・店舗名
  3. 新しいテーブル名:予実詳細
  4. テーブルに保持するフィールド:製品分類_1、予算金額
    ※製品分類_1はフィールド名を「製品分類」に変更する

7.出力アプリを設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、「予実管理」アプリを出力アプリとして設定する
  2. 出力方式に「更新」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する
    「年月」と「店舗名」を更新キーに設定する

出力結果

予実管理アプリに活動履歴を更新することができました。

演習をお客様のkintone環境で試す

krewDataのはじめ方
実際の動作を確認できるテンプレートを公開しています。
こちらの記事でご紹介した内容をご自身の環境で試したい方はダウンロードしてご利用ください。