注目キーワード
  1. 予実管理

基幹システムにマスタデータを同期(Box)

800-80 | 外部入出力


この記事では、kintoneアプリで管理している商品マスタのデータをBox内で管理しているCSVファイルに連携するためのフローを解説します。基幹システムとkintoneのマスタ連携を行いたい方におススメです。 

入力アプリのフィールド構成

商品マスタアプリ
  • 商品情報を管理するマスタ
  • 「エクスポート」ボタンをクリックしたタイミングでBox側にデータが連携できるようカスタマイズを入れたアプリ
  • クラウドサービスで管理するCSVファイルにデータが連携されたら、「基幹連携済み」にチェックが入る

出力アプリのフィールド構成

商品マスタ.csv
  • kintoneの商品マスタアプリのデータを連携するファイル

上記ファイルをBoxで管理している


1.入力アプリを設定

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「商品マスタ」アプリを選択する
  2. フィルタ条件に次のように設定する
    ・基幹連携済み 次のいずれかを含む ——(選択なしを選択する)
  3. フィールドの選択で「商品コード」「JANコード」「商品名」「形態」「数量」「単価」「金額」「消費税」「合計金額」「基幹連携済み」を選択する

2.連携元システムを項目として追加する

kintoneから同期されたデータであることが分かるよう、フラグを立てておきます。

  1. 定数の追加コマンドを追加する
  2. 定数を保存する新しいフィールド名に「連携元システム」と入力する
  3. 新しいフィールドのフィールドタイプに「文字列(1行)」を選択する
  4. 新しいフィールドに保存する定数に「kintone」と入力する

3.フィールドの並び順を並び替える

  1. フィールド選択コマンドを追加する
  2. 使用するフィールドとして、「商品コード」「JANコード」「商品名」「形態」「数量」「単価」「金額」「消費税」「合計金額」「基幹連携済み」を選択する
フィールドタイプ選択後のプレビューデータ

4.Box内のファイルに出力する

外部ファイル入出力コマンドの基本を資料で確認する

クラウドサービスのアカウント情報を設定する

  1. ファイル入力 – Box コマンドを追加する
  2. ログイン情報を入力してサインインする


  3. 対象サービスに保存する情報を設定する
    ・ファイルの種類:CSV
    ・文字コード:必要に応じて適切なものを選択
    ・区切り文字:カンマ
    ・出力フォルダ:該当フォルダを選択する
    ・出力ファイル名:商品データ
    ・出力方法:新しいファイルに出力、「同名のファイルが存在する場合は上書きする」にチェックする


  4. 出力するデータ編集フローのフィールド、レコードの出力順序を設定する
    ・連携元システム ・商品コード ・JANコード ・商品名 ・形態 ・数量 ・単価
    ・金額 ・消費税 ・合計金額

出力結果を確認する

複数セルにわたって入力したデータを結合し、Excelファイルに出力することができました。

5.基幹システムに連携したデータにフラグを立てる

  1. データ編集コマンドを追加する
  2. 結果を保存するフィールド:「基幹連携済み」フィールドのデータを置換する
  3. 編集方法:値を設定
  4. 編集内容:「基幹連携済み」にチェック
プレビュー

6.出力アプリを設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、「受注」アプリを出力アプリとして設定する
  2. 出力方式に「更新」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する
  4. 更新キーで次を有効にする
    ・商品コード

出力結果

基幹システムに連携したデータの「基幹連携済み」フィールドを更新することができました。

演習をお客様のkintone環境で試す

krewDataのはじめ方
実際の動作を確認できるテンプレートを公開しています。
こちらの記事でご紹介した内容をご自身の環境で試したい方はダウンロードしてご利用ください。