krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

点在するマスタ情報を統合する

600-10 | マスタ管理


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「点在するマスタ情報を統合する」の具体的なフローの作成方法です。 

入力アプリのフィールド構成

商品マスタ1

  • 回線がマスタ管理されているアプリ

入力アプリ1

商品マスタ2

  • リースやレンタル品がマスタ管理されているアプリ

入力アプリ2

商品マスタ3

  • 作業項目がマスタ管理されているアプリ

入力アプリ3

出力アプリのフィールド構成

商品マスタ(統合)

  • 分散していた商品マスタ1~3を統合したアプリ
  • 統合後はこの場所でマスタ管理を行う

出力アプリ

1.入力アプリを設定

商品マスタ1を入力アプリに設定する

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「商品マスタ1」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・商品名 ・商品区分 ・適用開始日 ・適用終了日 ・月払い ・年払い

入力アプリの設定

商品マスタ2を入力アプリに設定する

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「商品マスタ2」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・商品名 ・商品区分 ・請求単位 ・料金

入力アプリの設定2

商品マスタ3を入力アプリに設定する

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「商品マスタ3」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で次のように選択する
    ・作業項目 ・工賃

入力アプリの設定3

2.商品マスタ1のデータを整形する

ここからは各アプリのデータを整形します。後のステップで結合して商品マスタ(統合)に出力するためです。

列ー行変換する

「月払」「年払」フィールドを「請求単位」「料金」というフィールドで管理できるように列ー行変換を行います。

  1. 列ー行変換コマンドを追加する
  2. 変換する列名を保存する新しいフィールド名に「請求単位」と設定
  3. 変換する列の新しいフィールド名に「料金」と設定する
  4. 次のように設定する
    ・行に変換する列:月払い
    ・変換した行に保存する元の列を識別する値:毎月
  5. 次のように設定する
    ・行に変換する列:年払い
    ・変換した行に保存する元の列を識別する値:毎年

行列変換の設定

変換前後はデータがこのように変化します。

列行変換ビフォーアフター

フィールドタイプを調整する

他のマスタと結合するためには、フィールドタイプを同じにする必要があります。ここでは、「請求単位」フィールドをドロップダウンに変更します。

  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加する
  2. 変換するフィールドに「請求単位」と設定
  3. 新しいフィールド名に「請求単位」と設定
  4. 新しいフィールドタイプにドロップダウンを設定する

商品マスタのフィールドタイプを整える

3.商品マスタ2のデータを整形する

適用開始・終了日を追加する

商品マスタ2では「適用開始日」「適用終了日」フィールドが存在しないため、新たに追加します。

  1. 定数の追加コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
    定数を保存する新しいフィールド:適用開始日
    新しいフィールドタイプ:日付
    新しいフィールドに保存する定数:2021/04/01
  3. 次のように設定する
    定数を保存する新しいフィールド:適用終了日
    新しいフィールドタイプ:日付
    新しいフィールドに保存する定数:空欄のまま

定数を追加する

4.商品マスタ3のデータを整形する

工賃を「商品区分」「料金」という行に変換する

  1. 列ー行変換コマンドを追加する
  2. 変換する列名を保存する新しいフィールド名に「商品区分」と設定
  3. 変換する列の新しいフィールド名に「料金」と設定する
  4. 次のように設定する
    ・行に変換する列:工賃
    ・変換した行に保存する元の列を識別する値:工賃 

工賃を行に変換する

ビフォーアフターでこのようにデータが変化します。

列ー行変換ビフォーアフター

適用開始・終了日を追加する

商品マスタ3では「適用開始日」「適用終了日」フィールドが存在しないため、新たに追加します。

  1. 定数の追加コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
    定数を保存する新しいフィールド:適用開始日
    新しいフィールドタイプ:日付
    新しいフィールドに保存する定数:2021/04/01
  3. 次のように設定する
    定数を保存する新しいフィールド:適用終了日
    新しいフィールドタイプ:日付
    新しいフィールドに保存する定数:空欄のまま

適用開始終了日を設定する

請求単位を追加する

商品マスタ3では「請求単位」フィールドが存在しないため、新たに追加します。また、商品マスタの商品は一括で請求するものとします。

  1. 定数の追加コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
    定数を保存する新しいフィールド:請求単位
    新しいフィールドタイプ:文字列(1行)
    新しいフィールドに保存する定数:一括

請求単位を追加する

フィールドタイプを調整する

他のマスタと結合するために各フィールドのフィールドタイプを変更します。

  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加する
  2. 次のように設定します。
    変換するフィールドに「請求単位」と設定
    新しいフィールド名に「請求単位」と設定
    新しいフィールドタイプにドロップダウンを設定する
  3. 次のように設定します。
    変換するフィールドに「商品区分」と設定
    新しいフィールド名に「商品区分」と設定
    新しいフィールドタイプにドロップダウンを設定する
  4. 次のように設定します。
    変換するフィールドに「作業項目」と設定
    新しいフィールド名に「商品名」と設定
    新しいフィールドタイプは変更しない

商品マスタ3のフィールドタイプ設定

5.商品マスタのデータを結合する

  1. レコード結合コマンドを追加する
  2. 結合方法に「すべてのフィールドを含める」を設定する

商品マスタをレコード結合する

設定後はこのように商品マスタ1~3のレコードが結合されます。

レコード結合の結果

6.出力アプリを設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、「商品マスタ(統合)」アプリを出力アプリとして設定する
  2. 出力方式に「追加」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する

出力アプリの設定

出力結果

分散していたマスタ情報を統合することができました。

マスタを統合