krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

営業活動の当月の進捗を把握する

510-20 | 営業分析


このフローは、krewData厳選シナリオ集に掲載されている「営業活動の当月の進捗を把握する」の具体的なフローの作成方法です。 

入力アプリのフィールド構成

案件管理アプリ
  • 各部門ごとの取引先案件が登録されている
  • 各取引先案件にはフェーズと予定金額が登録されている

f:id:krew_grapecity:20200710091457p:plain

出力アプリのフィールド構成

案件管理(月初コピー)アプリ
  • フィールド構成は案件管理アプリと同じ
  • 月末比較用に月初の状況を退避しておく

f:id:krew_grapecity:20200710091457p:plain

案件進展状況アプリ
  • 各案件のフェーズと予定金額の変化が出力される
  • フェーズの進展状況のありなしが出力される

f:id:krew_grapecity:20200710093110p:plain

1.月初の案件状況をコピーする

月初の案件状況をコピーするデータ編集フローを作成します。

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「案件管理」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で「部門」〜「予定金額」を選択する

    入力アプリコマンドで案件管理アプリを追加

    入力アプリコマンドで案件管理アプリを追加
  3. 出力アプリコマンドを追加して、アプリの選択で「案件管理(月初コピー)」アプリを選択する
  4. 出力方式に「更新」を選択し、「更新または追加」オプションを有効にする
  5. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になるフィールドを選択する
  6. 更新キーで「部門」「取引先」を有効にする

    出力アプリの設定

    出力アプリの設定

2.入力アプリを設定する

営業活動の当月の進捗を出力するデータ編集フローを作成します。

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「案件管理」アプリを選択する
    *以降の画像では、アプリ名が「案件管理(月末)」となっていますが、月末までの経過を仮定したレコードが登録されたデモ用アプリです。実際の運用では「案件管理」アプリをそのまま入力アプリに設定します。
  2. フィールドの選択で「部門」〜「予定金額」を選択する

    入力アプリコマンドで案件管理アプリを追加

    入力アプリコマンドで案件管理アプリを追加
  3. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「案件管理(月初コピー)」アプリを選択する
  4. フィールドの選択で「部門」〜「予定金額」を選択する

    入力アプリコマンドで案件管理(月初コピー)アプリを追加

    入力アプリコマンドで案件管理(月初コピー)アプリを追加

3.月末と月初のレコードを結合する

月末と月初のレコード結合し、案件ごとに1レコードにまとめます。そうすることで月初と月末の「フェーズ」と「予定金額」を比較し、進捗状況を把握できます。

  1. アプリ結合コマンドを追加して、案件管理と案件管理(月初コピー)をそれぞれ線でつなぐ

    案件管理と案件管理(月初コピー)を線でつなぐ

    案件管理と案件管理(月初コピー)を線でつなぐ
  2. 元になるアプリに「案件管理」、結合するアプリに「案件管理(月初コピー)」を選択する
    ※選択できるアプリとして表示される名称はアプリ結合コマンドにつないだコマンド名が表示されます

    コマンド名

    コマンド名
  3. 結合方法で「左外部結合」を選択する
  4. 条件フィールドに「部門」「取引先名」を選択する

    月末と月初の結合

    月末と月初の結合

4.フィールド構成を調整する

アプリ結合コマンドの結果では、元になるアプリと結合するアプリの両方のフィールドが構成されたり、フィールド名が重複している場合には自動でフィールド名が設定されます。後続の集計フローをシンプルにわかり易く扱うために、フィールド構成を調整します。

フィールド構成の調整

フィールド構成の調整
  1. フィールド選択コマンドを追加する
  2. 使用するフィールドに「部門」「取引先名」「担当者」「フェーズ」「フェーズ_1」「商談開始日」「完了予定日」「最終活動日」「確度」「予定金額」「予定金額_1」を選択
  3. 「フェーズ_1」「予定金額_1」の新しいフィールド名に「フェーズ_月初」「予定金額_月初」を設定する

    フィールド選択

    フィールド選択

5.進展状況を判定、予定金額差異を計算する

進展状況を判定する

  1. データ編集コマンドを追加して、結果を保存するフィールドに「新しいフィールドを作成」を選択して、新しいフィールド名に「進展状況」を入力する
  2. 編集方法で「数式」を選択する
  3. 編集内容で以下の数式を設定する
    IF(フェーズ<>フェーズ_月初,"進展あり","進展なし")

    進展状況を判定

    進展状況を判定

予定金額差異を計算する

  1. データ編集コマンドを追加して、結果を保存するフィールドに「新しいフィールドを作成」を選択して、新しいフィールド名に「予定金額差異」を入力する
  2. 編集方法で「数式」を選択する
  3. 編集内容で以下の数式を設定する
    予定金額-予定金額差異

    予定金額差異を計算

    予定金額差異を計算

6.フィールドタイプを調整する

データ編集コマンドで作成した新しいフィールドはフィールドタイプが自動で設定されます。そのため、出力アプリに集計結果を出力する前にフィールドの構成とフィールドタイプを調整します。

  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加する
  2. 変更するフィールドに「予定金額差異」を選択する
  3. 新しいフィールドタイプに「数値」を選択する

    フィールドタイプ設定

    フィールドタイプ設定

    調整した結果(プレビュー)

    調整した結果(プレビュー)

7.出力アプリを設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加して、アプリの選択で「案件進展状況」アプリを選択する
  2. 出力方式に「更新」を選択し、「更新または追加」オプションを有効にする
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になるデータ編集フローのフィールドを選択する
  4. 更新キーで「部門」「取引先名」を有効にする

    出力アプリの設定

    出力アプリの設定

9.出力結果を確認する

「案件進展状況」アプリで営業活動の当月の進捗を把握できるようになりました。

案件進展状況アプリ

案件進展状況アプリ