ランダムな文字列を生成する

130-50 | データ編集・追加


この記事では、ランダムな文字列を生成する方法を解説します。パスワードの生成などランダムな文字列を付与したい場合に活用できます。 

入力アプリのフィールド構成

アカウント情報管理アプリ
  • 社員のアカウント情報を管理するアプリ
  • パスワードフィールドの値はkrewDataでランダムな文字列を生成する

1.入力アプリに「アカウント情報」アプリを設定

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「アカウント情報管理」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で「名前」「ログイン名」「パスワード」を選択する

2.ランダムな文字列を生成する

ランダムな文字列で使用する文字列を設定する

  1. 定数の追加コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 定数を追加する新しいフィールド:PW用文字列
  3. 新しいフィールドのフィールドタイプ:文字列(1行)
  4. 新しいフィールドフィールドに保存する文字列:
    1234567890abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ+-<>_()#$%&

※ここで設定する文字列を使ってランダムな文字列を生成します。

ランダムな文字列を生成する

データ編集コマンドを追加し、以下のように設定する

結果を保存するフィールド:既存フィールドのデータを置換 パスワード
編集方法:数式
編集内容:CONCATENATE(MID(PW用文字列,(RANDBETWEEN(1,LENB(PW用文字列))),1),MID(PW用文字列,(RANDBETWEEN(1,LENB(PW用文字列))),1),MID(PW用文字列,(RANDBETWEEN(1,LENB(PW用文字列))),1),MID(PW用文字列,(RANDBETWEEN(1,LENB(PW用文字列))),1),MID(PW用文字列,(RANDBETWEEN(1,LENB(PW用文字列))),1))

※必要な桁数分「MID(PW用文字列,(RANDBETWEEN(1,LENB(PW用文字列))),1)」の設定を繰り返します。ここでは、5桁のパスワードを生成したいため5回繰り返しています。

3.結果を確認(プレビュー)

パスワードフィールドにランダムな文字列が追加されました。