当日の日報レコードを自動作成する

130-40 | データ編集・追加


当日用の日報レコードを毎日自動作成する方法を解説します。
日報を運用すると提出忘れが出てきますが、当日分のレコードを予め作成しておくことでリマインダー通知などでリマインドできるようになります。 

1.入力アプリを設定

社員名簿
  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「社員名簿」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で「社員番号」「氏名」を選択する
日報アプリ
  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「日報」アプリを選択する
  2. フィールドの選択で「日付」「名前」を選択する

2.アプリ結合する

  1. アプリ結合コマンドを追加する
  2. [社員名簿]と[日報]を左外部結合で結合する
  3. [社員名簿]の元になるアプリの条件フィールドには「氏名」を設定する
  4. [日報]の元になるアプリの条件フィールドには「名前」を設定する

3.重複を削除する

各社員につき当日の1レコードだけ新規追加したいので、最新の1レコードに絞り込みます。

  1. 重複の削除コマンドを追加する
  2. 次のように設定する
    重複を検査するフィールド:氏名
    ※同性同名がいる場合には、社員番号などユニークな値で結合してください。

4.当日の日付を設定する

日付フィールドに当日の日付を設定します。

  1. データ編集コマンドを追加し、次のように設定する
    結果を保存するフィールド:既存フィールドのデータを置換 日付
    編集方法:数式
    編集内容:=TODAY()

5.出力アプリの設定

  1. 出力アプリコマンドを追加し、「日報」アプリを出力アプリとして設定する
  2. 出力方式に「追加」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する
出力結果