納品品目を入荷管理アプリに反映する

630-50 | 在庫管理


この記事では、発注管理アプリでステータスが「納品済み」に変更されたレコードの情報を入荷管理アプリに反映するためのフローを解説します。 

入力アプリのフィールド構成

発注管理アプリ
  • 発注したい品目を登録するアプリ
発注管理アプリ

出力アプリのフィールド構成

入荷管理アプリ
  • 入荷済みの品目と数量を登録するアプリ
入荷管理アプリ

1.入力アプリを設定

発注管理アプリ

  1. 入力アプリコマンドを追加し、アプリの選択で「発注管理」アプリを選択する
  2. フィルタ条件に次のように設定する
    ・レコード番号 =(等しい) %レコード番号%
  3. フィールドの選択で「ステータス」「発注依頼日」「発注日」「納品日」「品目名」「発注数」を選択する
発注管理アプリ

2.入荷アプリにレコード追加するために調整する

ステータスが「納品済み」のレコードに絞り込む

  1. フィルタコマンドを追加する
  2. フィルタ方法に「数式」を選択する
    数式内容:=%ステータス%=”納品済み”
ステータスが「納品済み」のレコードに絞り込む

※ここではパラメーターを使ってレコードの絞り込みを行います。
これは、Webhookの操作を行った時点でのレコード情報を正確に把握するためです。

入荷日を設定する

  1. データ編集コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 結果を保存するフィールド:新しいフィールドを作成 入荷日
    編集方法:値を設定
    編集内容:%納品日%
入荷日を設定する

入荷数を設定する

  1. データ編集コマンドを追加し、以下のように設定する
  2. 結果を保存するフィールド:新しいフィールドを作成 入荷数
    編集方法:値を設定
    編集内容:%発注数%
入荷数を設定する

必要なフィールドに絞り込む

  1. フィールド選択コマンドを追加する
  2. 使用するフィールドに次のフィールドを設定する
    ・品目名
    ・入荷日
    ・入荷数
フィールド選択コマンドを追加する

3.出力先を設定する

  1. 出力アプリコマンドを追加し、出力先のアプリに「入荷管理アプリ」を選択する
  2. 出力方式に「追加」を選択する
  3. データ編集フローのフィールドで、アプリのフィールドと対になる編集フローのフィールドを選択する
    ※出力方式を「追加」にしたため更新キーは必要ありません
出力アプリコマンドを追加し、出力先のアプリに「入荷管理アプリ」を選択する

出力結果を確認する

発注管理アプリでレコードのステータスを「納品済み」に変更します。

発注管理アプリでレコードのステータスを「納品済み」に変更

krewDataが実行され、入荷管理アプリにレコード追加されました。

入荷管理アプリにレコード追加されました。