krew Data ドリル

krewData ドリル

krewDataの利用方法をマスターできるドリルです。これをやれば自由自在にkintneアプリのデータを集計したり、複数のアプリのデータをまとめることができるようになりますので、ぜひ活用してください!

本日日付を設定

100-80 | 日付操作


新しいフィールドを追加して、本日日付を設定します。

毎日定期的に社員数分の「本日日付」のレコードを作成する時などに便利です。

1.入力アプリに「社員名簿」アプリを設定

  1. フィールドの選択で「社員番号」「氏名」「生年月日」「入社年月日」を選択するf:id:krew_grapecity:20210129135340p:plain

2.データ編集コマンドの数式で現在日付を取得

  1. データ編集コマンドを追加して、結果を保存するフィールドに「新しいフィールドを作成」、新しいフィールド名に「本日」を設定する
  2. 編集方法に「数式」を選択
  3. 編集内容に下記の数式を設定する(TODAY())

    f:id:krew_grapecity:20210129135617p:plain

    数式を設定

3.結果を確認(プレビュー)

本日日付を設定することができました。

※日付を更新するには毎日フローを実行する必要があります

f:id:krew_grapecity:20210129135723p:plain

4.「本日」を日付フィールドに変換

データ編集コマンドで追加したフィールドは「文字列1行」として登録されるため、日付データとして扱うために「日付」フィールドに変換します。

※項番3のプレビュー画面において、「本日」の左にあるアイコンが、フィールドタイプを表しています。

  1. フィールドタイプ設定コマンドを追加して、変更するフィールドに「本日」
  2. 新しいフィールド名にも「本日」を設定
  3. 新しいフィールドタイプを選択で「日付」を選択f:id:krew_grapecity:20210129155850p:plain

5.結果を確認(プレビュー)

本日フィールドを日付フィールドに変換することができました。

※プレビュー上のアイコンが日付フィールドを表す、カレンダーのアイコンに変更されています。

f:id:krew_grapecity:20210129155608p:plain